リフォームの業者選び・見積り相談 なら利用者数No.1のホームプロ

ホームプロ > 屋根リフォーム > 屋根リフォーム・屋根塗装の基礎知識識 > 屋根塗料の種類

屋根リフォーム・屋根塗装の基礎知識識

屋根塗料の種類

塗り替えは手軽で経済的な屋根リフォームの方法です。塗り替えできる屋根材はセメント瓦、化粧スレート、金属系屋根、アスファルトシングルなど、表面が平らなものに限られます。主に使われている塗料はフッ素樹脂、シリコン樹脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂の4種類ですが、最近はフッ素樹脂やシリコン樹脂が主流になっています。また、遮断熱塗料もよく用いられています。

塗料 特長 防カビ
防藻
汚れ
にくさ
環境性 耐久
年数
フッ素樹脂塗料 高層ビルなどに使用されています。汚れにくく、耐候性、耐久性を両立させた高級塗料です。価格的には高価になります。 15〜20年
シリコン樹脂塗料 汚れにくく、耐久性のある塗料です。塗装膜の膨れや剥がれが少なく、建物の内部結露を防止します。 13〜15年
ウレタン樹脂塗料 最も一般的な塗料で、耐久性や耐磨耗性に優れています。また、耐油性や耐薬品性も備えています。水性と溶剤タイプがあります。 8〜10年
アクリル樹脂塗料 耐久性は劣りますが低価格な塗料です。現在、屋根塗料ではあまり使用されていません。水性と溶剤タイプがあります。水性と溶剤タイプがあります。 5〜7年
遮断熱塗料 一般塗料に遮熱顔料を加えたものが遮熱塗料です。太陽光線を反射し、屋根裏や2階の暑さ対策に効果を発揮します。       12〜15年